メルディアグループはシード平和を中心にホテル事業を拡大

2018年1月15日 09:49

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■親会社の三栄建築設計もホテル事業に参入

 メルディアグループの三栄建築設計<3228>(東1)は、連結子会社シード平和<1739>を中心にメルディアグループ全体でホテル事業を拡大すると発表した。

 シード平和は、外国人を含めた観光客の多い京都・二条で2017年2月に「メルディアホテル京都二条」をすでにオープンしているが、親会社の三栄建築設計もホテル事業に参入することで、シナジー効果によるグループ全体の収益増加を目指す。

 現在、シード平和は大阪府大阪市西区江戸堀でホテル用地を取得、自社保有目的ですでに事業を開始。そのほか、デベロッパーと共同で京都市内に用地を確保して事業を開始している。また、自社保有だけでなくデベロッパーからの依頼によるホテル建設受注なども進んでいる。

 親会社の三栄建築設計では、現在、京都府下京区四条河原町に新たに自社保有目的のホテル用地を取得し、子会社シード平和と連携し、現在企画を進めている。また、その他のエリアにおいて、事業検討を行っており、今後ホテル事業に関して幅広い事業を行うため、三栄建築設計の定款を一部変更(17年11月の株主総会)し、「ホテル及び各種リゾート施設等の建設、運営並びに管理」及び「リネンサプライ業務」を追加した。

 今後は、メルディアグループ全体で用地取得をし、開発計画の策定から設計・建築までの一連の工程を管理し、なおかつ完成後のホテル運営・修繕も担い、一括したホテル事業運営を行うことで、グループ全体の新たな柱として成長させるとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新春注目銘柄】ヒビノは隠れたeスポーツ関連株は大型映像システム開拓で底値買いも一考余地(2018/01/03)
【新春相場を占う】2018年の株式市場展望とリスク要因を探る(2018/01/02)
【新春注目銘柄】鳥居薬品は初のスギ花粉症舌下錠の国内製造販売承認取得を見直してシーズン・ストック株人気再燃(2018/01/02)
【新春注目銘柄】エンバイオHDは中国の環境規制で恩恵受ける、上場来高値奪回から一段高へ(2018/01/02)
【新春相場展望】2018年前半は上値追いに慎重、お盆を目安に上昇トレンドへ=長島和弘(2018/01/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース