【株式市場】(1月4日大発会)NY株の最高値が好感され日経平均など終値ベースの高値を更新

2018年1月4日 12:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

日経平均の前引けは2万3326円06銭(561円12銭高)、TOPIXは1853.07ポイント(35.51ポイント高)、出来高概算(東証1部)は8億612万株。

日経平均の前引けは2万3326円06銭(561円12銭高)、TOPIXは1853.07ポイント(35.51ポイント高)、出来高概算(東証1部)は8億612万株。[写真拡大]

写真の拡大

◆日経平均の前引けは2万3326円06銭(561円12銭高)、TOPIXは1853.07ポイント(35.51ポイント高)、出来高概算(東証1部)は8億612万株

 新年最初の取引となった1月4日(木)「大発会」前場の東京株式市場は、年明けの米国株式市場でNYダウ、S&P500、NASDAQがそろって最高値を更新したことなどが好感されてソニー<6758>(東1)などが活況高となり、ほぼ全面高に近い相場となった。日経平均は308円高で始まった後も上げ幅をジリジリ拡大し、11時にかけて570円12銭高(2万3335円06銭)まで上げて12月につけた終値ベースでの1992年1月以来25年ぶりの高値2万2938円73銭を更新し、取引時間中の高値である2万3382円15銭に迫った。TOPIXは取引時間中の高値も更新した。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 年末年始の間にNY原油が上げたことなどを受け、石油資源開発<1662>(東1)などの資源株が上げ、ブランジスタ<6176>(東マ)はスマートフォンで行うクレーンゲームのダウンロード100万件突破発表などが材料視され、昨年末に続き大幅高。ホロン<7748>(JQS)は半導体業界の活況が言われて一段高。

 東証1部の出来高概算は8億612万株、売買代金は多めで1兆5303億円。1部上場2063銘柄のうち、値上がり銘柄数は1667銘柄、値下がり銘柄数は335銘柄となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】セガサミーHDは続落も今期1Q高進捗率業績見直しに新作ゲーム発売の先取りがオンして押し目買い余地(2017/09/05)
【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)
【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)
【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース