日本航空が反発、偽メール詐欺による被害の影響は限定的の様子

2017年12月22日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■最新の季刊会社誌は「減益幅縮小」「中間配開始」「増配」などと評価

 日本航空<9201>(東1)は22日、反発して始まり、取引開始後に4426円(23円高)まで上げて12月20日につけた年初来の高値4435円に迫った。昨21日は、航空機のリース料に関する偽メールによって計約3億8400万円をだまし取られたなどと伝えられ、手控える雰囲気があったが、悪材料としての影響は限定的のようだ。

 このところは、訪日観光客の増加や世界的な株高による景気回復効果、原油相場の上昇傾向を受けた燃油サーチャージの加算などが材料視されてジリ高基調となっている。直近発売の「会社四季報」(東洋経済新報社)では「減益幅縮小」「中間配開始。増配」などの表記があり、改めて見直す動きが出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】セガサミーHDは続落も今期1Q高進捗率業績見直しに新作ゲーム発売の先取りがオンして押し目買い余地(2017/09/05)
【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)
【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)
【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース