ファーストコーポレーションが今5月期第2四半期業績見通しを上方修正

2017年12月18日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■経常利益は予想を39.7%上回る

 ファーストコーポレーション<1430>(東1)は14日、2018年5月期第2四半期非連結業績予想の上方修正を発表した。

 前回予想(7月7日)に対して、売上高を2億3百万円増額して前回予想比2.0%増の102億11百万円、営業利益を2億92百万円増額して同39.3%増の10億35百万円、経常利益を2億91百万円増額して同39.7%増の10億28百万円、四半期純利益を1億98百万円増額して同38.9%増の7億7百万円へ上方修正した。

 売上高は、概ね期初予想通りの進捗となる見込みとした。利益面は生産性の向上、原価低減効果などにより売上総利益が増加し、営業利益、経常利益、四半期純利益の何れも、従来の予想を上回る見通しとなった。

 今期(18年5月期)の業績予想は、前回公表を据置き、売上高が前期比32.1%増の276億67百万円、営業利益が17.7%増の24億42百万円、経常利益が18.8%増の23億92百万円、純利益が17.0%増の16億53百万円としている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】セガサミーHDは続落も今期1Q高進捗率業績見直しに新作ゲーム発売の先取りがオンして押し目買い余地(2017/09/05)
【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)
【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)
【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース