ビューティガレージが美容関連企業のHARU Singaporeを子会社化

2017年12月12日 09:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■東南アジア市場への本格進出を推進

 ビューティガレージ<3180>(東1)は11日、HARU Singaporeが実施する第三者割当増資を引受け、子会社化すると発表した。取得価格は約4500万円、2017年12月20日に実施する予定。

 同社グループは今年度より、中期経営計画2017―2019を策定。その中期経営計画の基本方針の一つとして「グローバル市場への本格進出」を掲げており、第一段階として、東南アジア市場の攻略に自社での海外進出を検討してきた。

 一方、HARU Singaporeはシンガポールにおいて美容商材卸販売業およびセミナー事業を展開するとともに、マレーシアにおいては美容商材卸販売業などを展開する子会社HARU Malaysiaを有している。同社は今後東南アジア地域全体に美容商材卸販売事業を広げていく構想を持っていた。

 今回、ビューティガレージはHARU SingaporeおよびHARU Malaysiaの美容商材の販売および仕入ノウハウや人脈等をいち早く取得するとともに、同社の強みを組み合わせることで、「アジアNo.1のIT美容商社」実現に向けた布石となり、企業価値の向上に資すると判断した。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】セガサミーHDは続落も今期1Q高進捗率業績見直しに新作ゲーム発売の先取りがオンして押し目買い余地(2017/09/05)
【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)
【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)
【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング