enish 3Qは売上高が27.92億円、ファッションレンタル事業「EDIST.CLOSET」は順調に会員数が増加

2017年10月31日 11:53

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:53JST enish---3Qは売上高が27.92億円、ファッションレンタル事業「EDIST.CLOSET」は順調に会員数が増加
enish<3667>は30日、2017年12月期第3四半期(2017年1~9月)決算を発表した。売上高が前年同期比26.2%減の27.92億円、営業損失が7.32億円(前年同期は2.55億円の損失)、経常損失が7.27億円(同2.93億円の損失)、四半期純損失が7.96億円(同3.65億円の損失)だった。

ゲーム事業は、ブラウザゲームの「プラチナ☆ガール」をビジュアライズへ譲渡し、既存タイトルに関しては、注力タイトルはゲーム内の施策を強化及び運営品質の改善を行い、引き続き売上収益に貢献しているが、タイトル譲渡の影響もあり売上高は減少した。

非ゲーム事業は、2017年6月に、ヤフー<4689>が運営する「Yahoo!ゲーム」のスマートフォン向け人気ゲームアプリをWindows(R)パソコンで楽しむことができるPC用アプリケーション「Yahoo!ゲーム プレイヤ ー」が提供開始され、その開発を担当した。また、ファッションレンタルサービス「EDIST.CLOSET」は、人気スタイリストやアパレルとコラボレーションした旬のコーディネートセットが人気を獲得し、順調に会員数が増加している。

なお、2017年10月18日に、『欅坂46』初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」をiOS版/Android版/PC版(Yahoo!ゲーム)を同時リリースし、好調なスタートとなった。

また、2017年12月期通期の業績予想については、モバイルゲーム市場の取り巻く環境の変化が激しく、事業が短期間に大きく変動する可能性があること等から、開示を見合わせている。《TN》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース