サンコーテクノは札幌支店の新築移転を発表

2017年10月27日 13:15

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

サンコーテクノ<3435>(東2)は25日、更なる業務の拡大・効率化を図るため、札幌支店を新築移転することを発表した。

サンコーテクノ<3435>(東2)は25日、更なる業務の拡大・効率化を図るため、札幌支店を新築移転することを発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■業務開始は11月6日から

 サンコーテクノ<3435>(東2)は25日、更なる業務の拡大・効率化を図るため、札幌支店を新築移転することを発表した。

 同社は、コンクリート建造物が完成した後、付帯物を取り付ける際に必要なアンカーである、あと施工アンカーの製造・販売で、業界トップのリーディングカンパニーである。

 東北大震災の復旧・復興工事、東京オリンピックに向けての施設の建造、社会インフラの整備等の工事が進んでいるため、同社のあと施工アンカーの需要が益々高まっている。

 そのような状況の中で、札幌支店の新築移転が発表された。取扱量が増え、従来の札幌支店では手狭になったことから、新築移転することになった。新支店は、鉄骨造りの2階建てで、延べ床面積は472㎡。業務開始は、11月6日から。

 新支店の住所は、札幌市白石区北郷4条2-3-15。電話番号は011-876-9035。

 今後同社のあと施工アンカーの需要拡大が予想されることから、株価は、高値圏で推移しているが、PER(予)12.5倍、PBR0.95倍とまだ割安といえる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を10月25日(水)、東洋経済新報社9階ホールで開催!
【業績でみる株価】スズデンは自律調整一巡して上値試す、18年3月期2桁増益予想で増額余地(2017/09/12)
【注目銘柄】エランは好業績評価して上値試す、17年12月大幅増収増益予想で増額の可能性、10月1日付で株式2分割(2017/09/12)
【業績でみる株価】LIFULLは調整一巡して戻り歩調、社名・ブランド変更費用で減益予想だが増収基調に変化なし(2017/09/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース