東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、アトランタ連銀総裁の発言を嫌気

2017年10月13日 13:47

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:47JST 東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、アトランタ連銀総裁の発言を嫌気
ドル・円は112円10銭台と戻りの鈍い展開となっている。ドルは112円02銭まで下落後、日経平均株価の大幅高を手がかりにサポートラインとして意識されている112円付近で跳ね返された。ただ、ボスティック米アトランタ連銀総裁の「
12月に利上げするかわからない」との発言で、積極的なドル買いは手控えられているもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円02銭から112円31銭、ユーロ・円は132円73銭から132円93銭、ユーロ・ドルは1.1825ドルから1.1851ドルで推移した。《MK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース