Jトラスト:GL社株式・7.84%取得(タイ市場)

2017年7月12日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■事業展開で戦略的パートナー~インドネシア市場で積極的推進、

 「既成概念にとらわれないファイナンシャルサービスを目指す」をグループビジョンに掲げ、アジアで銀行業を中心にファイナンス事業を展開するJトラスト<8508>(東2)は10日、同社の子会社であるJTRUST ASIA PTE.LTD.が、Digital Finance事業を展開するGroup Lease PCL(GL)の株式をタイ証券市場で取得していることについて詳細を発表した。

 同社はGL社をインドネシアでの戦略的パートナーとして位置付け、積極的事業展開を進めているが、今回の発表によると、3月8日のGL株価急落以降、株価は割安であるとの判断から、市場での買増をしてきたもので、その結果同社が保有するGL株式の持株比率は現在7.84%に上昇しているという。 今後も、引き続きGLの位置付けは変わらないところから、GLの株価が割安であると判断される場合は機動的に投資判断する方針だという。

■GL社~ASEAN市場でも戦略的パートナーに期待

 JトラストグループはASEAN市場でGLを戦略的パートナーとして事業展開しており、インドネシアではGLがDigital Finance Platformを利用したリース業及びコンシューマーファイナンス事業の成長を推し進めていくために設立したマルチファイナンス会社「GFLI」に共同出資し、昨年7月から営業を開始している。

 この事業は、インドネシアでの農機具、オートバイの購入者、さらにマイクロファイナンスの資金需要者向け貸し付けに際し、顧客獲得・審査・回収をGFLI社が行い、JTRUST ASIA PTE.LTD.が融資を行うスキームとなっている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】シーズ・ホールディングスは上場来高値更新の展開、17年7月期第3四半期累計大幅増収増益で通期も好業績期待(2017/06/14)
【業績でみる株価】ロックフィールドは01年来の高値圏、既存店売上堅調で18年4月期も増収増益予想(2017/06/15)
【注目銘柄】正栄食品工業は17年10月期利益予想を増額修正、さらに再増額の可能性(2017/06/14)
【業績でみる株価】神戸物産は年初来高値更新して15年の上場来高値目指す、17年10月期利益予想を増額修正(2017/06/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース