ヤマト・インダストリー<7886>のフィスコ二期業績予想

2017年7月3日 22:28

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*22:28JST ヤマト・インダストリー<7886>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2017年6月29日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ヤマト・インダストリー<7886>

3ヶ月後
予想株価
150円

OA機器や家電製品などに使われる合成樹脂成形品が主力。リコーや京セラなどが主顧客。カゴ台車や6輪台車などの物流機器も手掛ける。中国とフィリピンに製造拠点。17.3期は国内住設機器などが低調で営業利益反落。

17年1月に買収した群馬県の樹脂製品メーカーが上乗せ。フィリピン子会社も増勢が続く。だが原料高や人件費高が利益を圧迫。18.3期は営業利益続落か。為替差損解消。負ののれん益はなくなる。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/15,000/230/180/110/10.95/0.00
19.3連/F予/15,500/300/250/150/14.93/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/06/29
執筆者:JK《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース