コナミホールディングスが2001年以来の高値、新作ゲームに期待強まる

2017年5月25日 09:25

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「ウイニングイレブン 2017」を約150の国と地域で配信開始

 コナミホールディングス<9766>(東1)は25日、上値を追う始まりとなり、取引開始後に5410円(230円高)まで上げて2001年以来の高値水準に進んだ。コナミデジタルエンタテインメントが5月24日、サッカーを題材にした新作モバイルゲーム「ウイニングイレブン 2017」を約150の国と地域で配信開始したと発表。期待されている。最高益更新が続く見込みのため、こうしたニュース発表への反応が強くなるようで、「次」も期待されている。

 発表によると、同ゲームは、シリーズ累計販売本数が9630万本(2017年3月末時点)を超え、20年以上にわたり世界中で楽しまれているアクションサッカーゲーム。新作は、モバイルゲームに徹底的に最適化した操作性を実現。UEFAチャンピオンズリーグを公式収録したほか、1万人以上の実名選手が登場し、家庭用ゲームのリアルな試合の興奮を、いつでもどこでもモバイルで楽しめる。また、スカウトやエージェントで世界中の有名クラブ選手や監督を獲得し、自分だけの理想のチーム作りを楽しめ、さらに、世界中のライバルと対戦できる「オンラインマッチ」やいつもの仲間たちと対戦できる「ローカルマッチ」を搭載し、真剣勝負を楽しめるという。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/06)
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告