ケンコーマヨネーズの子会社サラダカフェは新ブランド『いもたまや』の展開を開始

2017年2月21日 09:05

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の100%子会社サラダカフェは、「じゃがいも」と「たまご」をメインにした“和のサラダ料理”を提案する新ブランド『いもたまや』の展開を開始する。

ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の100%子会社サラダカフェは、「じゃがいも」と「たまご」をメインにした“和のサラダ料理”を提案する新ブランド『いもたまや』の展開を開始する。[写真拡大]

写真の拡大

■3月1日に1号店として伊勢丹新宿店に『いもたまや伊勢丹新宿店』をオープン

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の100%子会社サラダカフェは、「じゃがいも」と「たまご」をメインにした“和のサラダ料理”を提案する新ブランド『いもたまや』の展開を開始する。3月1日(水)には1号店として、伊勢丹新宿店に『いもたまや伊勢丹新宿店』をオープンする。

 新ブランド『いもたまや』は、ブランド名で窺えるように「じゃがいも」と「たまご」をメインの素材として扱う。『いもたまや』では、ひとつの食材に対し100を超える調理法で江戸の食文化を豊かにしたきっかけともいわれている「百珍料理」をヒントに、メニュー提案する。定番メニューから一風変わった組み合わせのメニューまで、味・見栄え・食べ方などを工夫し、「じゃがいも」と「たまご」の魅力を引き出し、和食とコラボレーションしたサラダ料理を提案する。また、サラダとしてだけでなく、おかずや一品料理など、食卓をより豊かに彩るメニューも提供する。

 第1号店となる『いもたまや 伊勢丹新宿店』では、チーズのコクがきいたキッシュに和の食材を組み合わせた「しらすと九条ねぎのキッシュ和風仕立て」や、鰹だしと昆布だしをきかせてふっくらとした食感に仕上げた「いもたまやのだし巻き卵」など、『いもたまや』でしか味わえない商品を提供する。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/06)
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース