【中国】春節の「南極旅行」人気、船チャーターで165万円

2017年2月12日 19:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:45JST 【中国】春節の「南極旅行」人気、船チャーターで165万円
中国では近年の春節(旧正月)連休中、「南極旅行」に出かける人が増えている。旅行会社が現地で比較的大型の船をチャーターし、「南米+南極ツアー」などとして催行しているもの。料金は1人当たり10万人民元(約165万円)ほどだ。新聞晨報が2日付で伝えた。

南極圏には研究者や冒険家など一部の限られた人しか立ち入りできないため、こうしたツアーで訪れる「南極」は、実際には南極圏の外、南米大陸に近い南極半島を指す。この地域では12月から2月末頃が夏に当たり、中国の春節連休にぶつかるため、中国からの観光客が増えている。

ある中国人向けのツアーでは、中国からまず南米に飛行機で入り、チリから船に乗って南極半島を目指す。約20日間のツアーで、船の上で過ごす期間は15~18日間。船には中国語を話すガイドがおり、中華料理が出される。参加者らは春節のカウントダウンをしたり、餃子を食べたりして過ごすという。このツアーでは、上海と北京からの参加者が過半数を占め、最年少は6歳、最高齢は76歳だった。

ただ、こうしたツアーでは中国人が現地で写真撮影のためにペンギンを追いかけるといったトラブルもあり、「マナー違反」「環境破壊」といった批判の声も上がっている。


【亜州IR】《SK》

関連記事

広告