【株式市場】好決算銘柄が強く円高のため日経平均は反落だがJASDAQ平均は堅調

2017年2月7日 15:38

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の終値は1万8910円78銭(65円93銭安)、TOPIXは1516.15ポイント(4.27ポイント安)、出来高概算(東証1部)は16億9448万株

 7日後場の東京株式市場は、午前中の円高基調が鈍化する様子のため、前場は安かった日産自動車<7201>(東1)が13時前から堅調相場に転じて出直りを強め、旭化成<3407>(東1)は13時の第3四半期決算発表後に一段高。マルハニチロ<1333>(東1)は前場急伸したまま値を保った。朝日ラバー<5162>(JQS)は正午に大幅増益の第3四半期決算と通期業績見通しの増額を発表し、午後は早々にストップ高。オークファン<3674>(東マ)は好決算発表への期待や提携継続などが好感されて後場一段高。日経JASDAQ平均は堅調。

 東証1部の出来高概算は16億9448万株(前引けは8億1596万株)、売買代金は2兆611億円(同1兆9468億円)。1部上場2002銘柄のうち、値上がり銘柄数は562(同556)銘柄、値下がり銘柄数は1291(同1307)銘柄。

 また、東証33業種別指数は8業種が値上がりし、値上がり率上位の業種は、空運、不動産、水産・農林、電力・ガス、倉庫・運輸、卸売り、鉄鋼、などとなった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
二度買うべし二度売るべし=犬丸正寛の相場格言(2017/01/14)
【どう見るこの相場】トランプ就任演説控えて様子見ムード、仕掛け的な動きに注意(2017/01/16)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】ベステラの吉野佳秀社長に聞く:『世の中を変える』ミッションは社会貢献にあり(2017/01/07)
【中西文行の相場展望】どうなる株式市場!トランプ就任演説で狙えるセクターはこれだ!(2017/01/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース