前日に動いた銘柄 part1:DeNA、任天堂、ソニーなど

2017年2月6日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1:DeNA、任天堂、ソニーなど
銘柄名<コード>⇒2月3日終値⇒前日比

エムアップ<3661> 819 +68
EMTGとの提携を引き続き期待材料視。

三井松島<1518> 1450 +108
通期営業利益は4億円から10億円に増額。

MonotaRO<3064> 3240 +230
貸借倍率は0.2倍台で買い戻し優勢か。

京都銀行<8369> 933 +46
長期金利上昇による銀行株高の流れで。

日産化学<4021> 3740 -305
第3四半期累計営業減益決算を弱材料視。

板硝子<5202> 811 -40
引き続き優先株発行による希薄化を警戒視。

ガス化<4182> 2089 -89
通期予想大幅上方修正も出尽し感先行か。

フジクラ<5803> 800 +88
通期営業利益は270億円から320億円に上方修正。

イソライト<5358> 414 +53
通期経常利益は16.5億円から19億円に増額。

太平洋工業<7250> 1475 +84
決算を受けてゴールドマン・サックス証券では目標株価引き上げ。

イーガーディアン<6050> 1955 +158
第1四半期好決算を見直しで押し目買い。

TIS<3626> 2688 +142
第3四半期2ケタ増益決算を素直に評価。

グリー<3632> 641 +46
決算発表でアク抜け感につながる。

住友電工<5802> 1758.5 +98.5
通期営業利益は1250億円から1350億円に増額。

gumi<3903> 1320 +79
投資有価証券売却益の計上を発表。

ミライトHLDG<1417> 1104 +62
第3四半期累計では営業黒字転換に。

ソニー<6758> 3537 +168
半導体事業などが想定以上に好調で見直しも。

東京放送<9401> 2005 +88
通期営業利益は170億円から180億円に上方修正。

エフテック<7212> 1340 +58
通期営業利益は65億円から74億円に上方修正。

綜合警備保障<2331> 4245 +215
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格上げ。

ダイセル<4202> 1317 +74
10-12月期は市場予想を上回る好決算に。

任天堂<7974> 23945 +1425
ファイヤーエンブレムがダウンロードトップとなり。

メディアドゥ<3678> 1616 +69
集英社と資本提携。

大平洋金属<5541> 372 +16
ニッケル市況の上昇などで買戻しか。

有沢製作所<5208> 703 +35
大幅減益決算も目先の悪材料出尽し感で。

中国銀行<8382> 1733 +85
自己株式の取得実施を発表で。

ショーワ<7274> 996 +55
引き続き10-12月期の決算内容を評価。

伊藤忠テクノ<4739> 3280 +125
順調な業績推移をストレートに評価。

DeNA<2432> 2453 +83
任天堂のスマホゲームダウンロード好調で。

花王<4452> 5843 +245
業績見通しや増配予想を好感。

日本LL<7575> 1995 -204
決算発表後の戻りも鈍く見切り売り優勢に。

ぐるなび<2440> 2246 -202
10-12月期はコンセンサス下振れ着地に。

沖電気<6703> 1526 -110
第3四半期の大幅減益を嫌気。

神戸鋼<5406> 1017 -74
通期純損益は赤字に下方修正。

曙ブレーキ<7238> 282 -37
第3四半期累計では依然として経常赤字。

寿スピリッツ<2222> 2681 -130
決算インパクト限定的で出尽し感か。《SK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2019年上半期にSUV新車販売トップとなったホンダ「ヴェゼル」。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース