日立 大幅続伸、10-12月期、通期ともにコンセンサスを上回る内容で

2017年2月2日 13:51

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:51JST 日立---大幅続伸、10-12月期、通期ともにコンセンサスを上回る内容で
日立<6501>は大幅続伸。17年3月期第3四半期の調整後営業利益(累計)は前年同期比8.6%減の3731億円、10-12月期では同58億円増え1402億円だった。日立物流などの再編が280億円の押し下げ要因となったが、収益性改善等で増益を確保した。また、同時に17年3月期の調整後営業利益見通しを5400億円から5600億円に引き上げている。コンセンサスでは10-12月期営業利益は1250億円程度、通期では5540億円程度と見込まれ、ともにこれらを上回る内容となっていることが好感されている。《SK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース