日経平均は105円安でスタート、ソフトバンクG、トヨタ自など軟調

2017年2月2日 12:47

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19042.30;-105.78TOPIX;1520.69;-7.08

[後場寄り付き概況]

 日経平均は下げ幅を3ケタに広げ午後の取引を開始している。ランチタイムの日経225先物は軟調な展開が続き、19010円まで下落する場面があった。昼のランチバスケットは差し引き30億円の売り越しとの観測。円相場は1ドル=112.80円台まで上昇している。

 売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などが軟調で、三菱UFJ<8306>やキーエンス<6861>は小幅に下落。TDK<6762>は5%超安と下げ幅を広げている。一方、野村<8604>、任天堂<7974>、三菱自<7211>などがしっかり。Vテク<7717>は4%、日立<6501>は3%の上昇。中外薬<4519>や日本通信<9424>は引き続き10%超の上昇となっている。

 セクターでは、鉱業、海運業、電気・ガス業が下落率。反面、上昇しているのは医薬品、証券など4業種のみとなっている。《SK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース