オランダ鉄道が風力で電車を運行

2017年1月15日 21:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

route127 曰く、 オランダ鉄道は1日から、風力発電による電力ですべての電車を運行しているようだ(化学業界の話題の記事AFPBB Newsの記事)。

オランダといえば風車小屋が有名だが、実際に16世紀末から17世紀にかけて活躍したシモン・ステヴィンはオランダの強い風を利用して帆走車を製作している。

 オランダ鉄道では2016年に電力の大半を風力発電でまかなっており、少なくとも半年前には2017年の完全移行を発表していたようだ。昨年末には2017年1月1日以降すべての電車が風力発電で走るとも報じられている(オランダ鉄道の記事Eneco NS Groene TreinTreinreiziger.nlの記事AD.nlの記事[1][2])。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 地球 | 電力 | 交通

 関連ストーリー:
オランダの自転車メーカー、発送後の破損を防ぐため輸送用の箱に薄型テレビの絵を印刷 2016年09月30日
オランダ警察、ドローン対策としてワシを配備 2016年09月19日
ティム・クック、17世紀の絵画に描かれたiPhoneを発見 2016年05月28日
西暦1234年のヨーロッパにタイムトラベル、何を持って行く? 2014年11月22日
超伝導で電力を送電する「超電導送電列車」の実験開始へ 2013年07月24日
故障中の風力発電所、修理されずモニュメントに、原因はコスト高 2012年01月18日
シベリアと北アメリカを繋ぐ大陸横断鉄道、ロシアの大規模プロジェクト始動 2011年08月26日
世界のエネルギー需要は 100% 風力発電でまかなえる 2009年06月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオランダ風力発電

「水力・風力・地熱発電」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース