マツダの新型SUV「CX-4」、中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー獲得

2016年11月20日 10:33

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

「中国カー・オブ・ザ・イヤー」で、「カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得したマツダの新型SUV「CX-4」、日本未発売だが、2017年秋に導入とする噂もある

「中国カー・オブ・ザ・イヤー」で、「カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得したマツダの新型SUV「CX-4」、日本未発売だが、2017年秋に導入とする噂もある[写真拡大]

写真の拡大

 マツダは、中国自動車専門メディア編集長クラブとPRIME RESEARCH & Consulting (Shanghai)社が主催する「2017中国カー・オブ・ザ・イヤー・第4回」において、「マツダ CX-4」が「2017中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したと発表した。マツダ車の同アワード受賞は、今回が初めて。

 「CX-4」は、マツダの「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)/Soul of Motion」を全面的に採用し、今年の6月、中国市場に向けて導入したクロスオーバーSUVだ。

 コンセプトは「Exploring Coupe(エクスプローリング・クーペ)」、エクスプローリングとは、探検を意味するエクスプローラー(explore)からとった「探検する」という意味。2015年の東京モーターショーでも公開されたコンセプトモデル「越 KOERU」の市販バージョンである。

 美しいデザインによる“際立つ存在感”、日常の扱いやすさに注力し“考えぬかれた機能性”、本格SUVに劣らない地上高と大径タイヤ、そして新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」による高い走破性を獲得。さまざまなシーンでの「人馬一体」の走りを実現している。同時に、優れた環境・安全性能を提供価値とするCX-4は、中国国内で2016年10月末までに合計2万1860台を販売している。中国おける販売価格は15万9800元から19万8900元で、日本円にすると約275万円から340万円だ。

 CX-4のボディサイズは全長×全幅×全高4633×1840×1530mmと、ステーションワゴン並みの低い全高に大きなタイヤを組み合わせる。中国向けの同車が搭載するパワートレーンは、155psの2リッターと188psの2.5リッター4気筒直噴ガソリンエンジンで、クリーンディーゼルは非搭載だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
新型「マツダCX-5」を世界初公開、ロサンゼルスオートショーに出品
トヨタ方針変更か? 環境対応車にEVが加わる。2020年ごろの発売を目指す
電動メタルトップのマツダ・ロードスター、いよいよ国内発売開始
マツダが次世代SUV「CX-5」ロサンゼルスショーでワールドプレミアすると発表
スズキ救済、実はトヨタにとって3度目のこと。盟主トヨタの巨大自動車グループ誕生

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
  • マイナーチェンジしたホンダ・シャトル。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース