アイロムグループが「やせる細胞」の特許を好感しストップ高買い気配

2016年11月17日 10:01

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■第2四半期は赤字が大きく縮小し通期黒字化の見込み

 医療治験支援などのアイロムグループ<2372>(東1・売買単位100株)は17日、買い気配のまま9時30分前にはストップ高の1091円(150円高)に達した。17日付で、「多能性幹細胞から褐色脂肪細胞を製造する技術について日本および米国において特許査定を受けた」と発表。褐色脂肪細胞はテレビ番組などで「やせる細胞」などと採り上げられたことがあり、肥満抑制などに関連するとして注目されるため期待や注目が集まった。

 第2四半期決算は11月11日に発表し、前年同期比で全体に赤字が大きく縮小した。通期の業績見通しは期初から黒字転換のみ込みとしており、これに向けて信頼性が強まったとの見方がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ニチハは年初来高値を更新、指標面に割高感はなく需給面も良好(2016/10/11)
【翻訳センターの東社長にインタビュー】上場来初!1Q業績上振れで通期予想を上方修正(2016/09/16)
【株式評論家の視点】シンクロ・フードは高値波乱の展開、下押す場面に買い妙味(2016/10/12)
【注目銘柄】フルキャストホールディングスは年初来高値更新してフシ突破、16年12月期2桁増益予想(2016/10/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース