くらコーポレーションが第2四半期好調で2000年以降の高値を更新

2016年6月10日 14:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■円高効果もあり下期も仕入れコスト低下などに期待

 回転寿司の大手、くらコーポレーション<2695>(東1・売買単位100株)は10日の後場一段強含み、5720円(320円高)まで上げて14時30分を回っても5700円前後で推移。3日続伸基調となり、2000年以降の相場で事実上の高値を更新した。6日に発表した第2四半期決算(2015年11月~16年4月累計)が引き続き好感されている。

 第2四半期累計業績は売上高が前年同期比10%増加し、営業利益は同28%増加。サイドメニューの好調に加え、円高による輸入魚介類の仕入れコスト低下効果などもあった。円相場は下期も円高基調の可能性があるため、先々への期待も強いようだ。会社側の今10月通期の予想1株利益は211.06銭。株価水準はPER27倍前後になるが、回転寿司銘柄のPERは比較的高めで、たとえば元気寿司<9828>(東1)はPER20倍前後、銚子丸<3075>(JQS)は同21倍前後。くらコーポは業績の伸び率などを含めると割高感は強くないようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】アートグリーンは商い出来ずも連続最高純益を見直して内需系割安株買いが増勢気配(2016/04/22)
「3本立て相場」にマイナス金利メリット株が加わって「4本立て相場」が発進するか期待は高まる=浅妻昭治(2016/04/25)
【鈴木雅光の投信Now】マイナス金利で注目続くJ-REIT(2016/04/27)
【編集長の視点】ハイアス・アンド・カンパニーは最高業績を見直し震災復興需期待も上乗せして急反発(2016/04/25)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース