伊藤忠テクノソリューションズは東京五輪での野球復活も期待され高値に迫る

2016年6月2日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■プロ野球の「公式記録管理システム」を開発

 伊藤忠テクノソリューションズ<4739>(東1・売買単位100株)は2日、大きく出直る始まりとなり、取引開始後に2564円(122円高)まで上げて5月11日につけた年初来の高値2629円に次ぐ高値水準に進んだ。プロ野球の「公式記録管理システム」を開発しており、いくつか買い材料が言われている中で、IOC(国際オリンピック委員会)がスイスで6月1日から会合を開き、2020年東京オリンピックでの野球やソフトボールの復活が期待されると伝えられたことを手掛かりにする動きがある。

 信用売り残が多く、直近は買い残の3.5倍。こうした状態で高値更新の圏内にあるため、売り建て玉を買い戻す動きが広がった場合は少なからず株高圧力になる可能性があるようだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【チャート診断】太平洋セメントが上げ足に勢い、東日本震災では3倍の上昇、九州地震で再び活躍も(2016/04/25)
【業績でみる株価】アンジェスMGの第1四半期赤字も株価急伸、先行投資負担は当然で大型商品に期待(2016/04/25)
【チャート診断】JSPは抜群の底入れ足、昨年夏からトリプル底形成、次期見通し次第で急伸も(2016/04/26)
【業績でみる株価】コクヨは第1四半期営業益42.3%の大幅増、通期増額だが、進捗率67%で再修正濃厚、株価急伸(2016/04/26)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース