ラクオリア創薬が次世代の胃酸分泌抑制剤の特許を好感し後場急伸

2016年5月25日 13:17

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■全世界で約2.5兆円に上る市場で大きなマーケットシェア期待

 ラクオリア創薬<4579>(JQG・売買単位100株)は25日の後場一段高となり、取引開始後に11%高の505円(50円高)まで上げて5月13日以来の500円台回復となった。25日付で「アシッドポンプ拮抗薬の日本における特許査定のお知らせ」を発表。好感買いが集まった。

 発表によると、アシッドポンプ拮抗薬(P-CAB)は、胃酸分泌の最終段階を担う「プロトンポンプ」をカリウムイオンと競合的に阻害する、次世代の胃酸分泌抑制剤。全世界で約2.5兆円に上る胃酸分泌抑制剤の市場で、PPIあるいはH2ブロッカーに対抗して、大きなマーケットシェアを取ることが期待されるという。4月には別の新薬候補の件が材料視されて654円まで急騰したばかりのため、再度600円相場を期待する雰囲気がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【狙い場・買い場】エレコムはまもなく16年3月期決算発表、6期連続の増収増益を見直す相場に(2016/05/06)
【業績でみる株価】建設技研は今12月期の減益は織込み済み、低PER、熊本地震復興関連で注目(2016/05/06)
【中西文行の相場展望】買い場到来か?狙える銘柄は?(2016/05/06)
短期、中期、長期投資でも決めるのは今である=犬丸正寛の相場格言(2016/05/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース