バルクホールディングスは企業のコンプライアンスリスクの診断プログラムを開発

2016年5月21日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■リスク改善対策のためのeラーニング・ツールなどを提供

 バルクホールディングス<2467>(名セ)は、子会社のバルク(東京都中央区)が今7月から効果測定型コンプライアンスリスク診断プログラム「V-Risk」のサービス提供を開始すると発表した。

 バルク社では、長年プライバシーマーク認定取得やISO27001認証取得に関する支援などを行う情報セキュリティコンサルティング事業を手掛けている。

 「V-Risk」の基本サービスでは、従業員を対象にWeb調査により企業内部の潜在化・顕在化するリスクを分析し、リスク改善対策のためのeラーニング・ツールなどを提供する。「V―Risk」の費用は1社当たり年間120万円。リスクが高い組織体制と分析された場合には、有料のオプション対策も提供するとしている。バルク社では1年間で約50社の受注を目指す。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ハイアス・アンド・カンパニーは最高業績を見直し震災復興需期待も上乗せして急反発(2016/04/25)
【今日の言葉】期間成果主義の弊害も(2016/04/23)
【編集長の視点】丸八HDは反落も上方修正した連続過去最高の初決算を手掛かりに割安直近IPO株買いが再燃余地(2016/04/26)
【材料でみる株価】日本・エム・ディ・エムは名門・日本特殊陶業と資本・業務提携、特に米国での高い実績が評価(2016/04/28)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース