バルクホールディングスの3月期はコンサルティング及びマーケティング事業が好調で営業益61.2%増に

2016年5月16日 06:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■売上・利益ともに従来予想を上回る

 バルクホールディングス<2467>(名セ)は13日、16年3月期の連結業績を発表した。

 16年3月期は従来予想(15年5月15日公表)を7.1%上回り22億50百万円(前期比9.2%増)、営業利益は51.1%上回り68百万円(同61.2%増)、経常利益は50.0%上回り69百万円(同40.3%増)、純利益は70.0%上回り51百万円(15年3月期は15百万円の赤字)となり、最終益は黒字化した。

 各事業の取り組みは、コンサルティング事業では、マイナンバー制度の開始により、同制度への対策支援やプライバシーマーク・ISO27001の新規認定・認証取得支援などに関する特需が発生し、特に上半期での受注は好調に推移した。また、15年6月には、業界初の情報セキュリティマネジメントシステム運用支援ツール「V-Cloud」の提供を本格的に開始し、当初想定を上回る受注を獲得した。

 マーケティング事業では、顧客ニーズへの対応で競合他社との差別化を図る他、サービスの付加価値向上や事業の収益力強化を目指しており、大型スポット案件を獲得した。

 また、セールスプロモーション事業及び広告代理業では、大手スーパーマーケットや大手食品メーカーでのリピート案件、スポット案件ともに好調に推移した。また、キャンペーン企画やデジタルマーケティング活用の企画提案型の営業活動も推進。既存顧客の掘り起こしや新規顧客の開拓に努めた。

 IT事業では、IT投資需要の増加を背景に、開発案件、運用保守案件ともに堅調に推移した。

 住宅関連事業では、販売施策のリフォームイベントや大型改装物件を活用した内覧会等の広告宣伝活動を実施。リフォーム部門では隣接エリアへの進出やパートナー企業との連携強化に向けた取り組みを進めた。

 17年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比5.3%減の21億30百万円、営業利益が同26.8%減の50百万円、経常利益が同30.9%減の47百万円、純利益が同43.9%減の28百万円を見込んでいる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済羅針盤】四面楚歌、日本経済はデフレ不安(2016/04/26)
【中西文行の相場展望】設備・人材投資指数の組み入れ対象銘柄に注目(2016/04/28)
【小倉正男の経済羅針盤】アベノミクスと失われた20年(2016/04/30)
【どう見るこの相場】夏相場の行方(2016/05/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース