アイエックスナレッジ 17.3期は大幅増益を見込む

2016年5月9日 10:47

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:47JST アイエックスナレッジ---17.3期は大幅増益を見込む
アイエックスナレッジ<9753>は27日、2016年3月期決算を発表。売上高が前期比4.3%増の175.08億円、営業利益が同30.0%減の3.60億円、経常利益が同28.3%減の4.02億円、当期純利益が同45.5%減の2.08億円だった。不採算案件の発生で今後見込まれる損失を受注損失引当金として計上したことが要因。

17年3月期は、業界再編やグローバル化、FinTechなどIT投資が活発に続く金融分野に対して、金融系業務知識をICT技術と組み合わせることにより、顧客の多様化するビジネスに対応する。また、情報セキュリティをはじめシステムの信頼性に対する社会からの高い要求に対し、システム検証サービス事業の拡大を図るなど、受注を拡大していく。一方で、プロジェクトのトラブルを未然に防止するためPMO室を新設、不採算案件の撲滅を推進する。

これにより、17年3月期通期については、売上高が前期比2.9%増の180.16億円、営業利益が同81.9%増の6.56億円、経常利益が同72.2%増の6.92億円、当期純利益が同128.6%増の4.75億円を見込んでおり、前期の大幅減益を1年で回復することになる。《TN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース