ルーデン・ホールディングスが「民泊」関連の出遅れ株として急伸

2016年3月28日 10:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■大阪ミナミで空きマンション改装などの報道など好感との見方

 室内の防汚・防カビ加工などを行うルーデン・ホールディングス<1400>(JQG・売買単位100株)は28日、急伸相場となり、朝方に34%高の194円(49円高)まで上げて10時現在もJASDAQ銘柄の値上がり率1位となっている。28日付の日経MJ「日経流通新聞」に、米国の「民泊」施設紹介サイト「エアビーアンドビー」に登録する日本国内の登録数が3万室を突破し、大阪ミナミでは、空きマンションを「オーナーが2000万円を投じて昨年10月に民泊専用に改装。全8室、稼働率90%の「優良ホテル」に生まれ変わった」と伝えたことなどが材料視されたとの見方が出ている。

 PERは15倍前後のため割高感はなく、値動きも2月の安値114円から出直り始め、軽量株の中でも手掛けやすい銘柄になるようだ。「民泊」関連の出遅れ株として注目する様子がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】ソネット・メディア・ネットワークスはビッグデータ関連、今3月期営業利益53%増益(2016/03/02)
【編集長の視点】コラボスは続落も下値には3Q最高業績を手掛かりに下げ過ぎ訂正買いは継続(2016/03/01)
【編集長の視点】京写は高配当利回り買いに来期業績V字回復・増配含み観測が加わって3連騰(2016/02/29)
【株式評論家の視点】プロパティエージェントの今3月期356戸(前期340戸)に拡大、期末一括10円配当(2016/02/29)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告