ビューティガレージは積極的なプロモーション活動なども影響したが、通期予想は増収増益

2016年3月7日 21:14

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

【第3四半期】物販事業は主力のオンライン経由の売上高は前年同期比約127%と順調に拡大

 ビューティガレージ<3180>(東マ)は7日、16年4月期第3四半期連結累計業績を発表した。

 同社グループは、プロ向け美容商材ネット通販の最大手であり、ITとリアルを融合連携させ、美容商材の物販事業と開業・経営ソリューション事業を手掛ける。発表によると16年1月末時点でのアクティブユーザー(過去1年間に1回以上購入したユーザー)は84,052口座(前年同期比9,332口座増)に伸長し、売上高は前年同期比14.7%増の59億82百万円と堅調に推移した。

 利益面は、前期では第2四半期に発行していたカタログ通販誌を今期は第3四半期に理美容室及びネイル・サロン向けの2種類を発行した。加えてネイル業界最大のイベント「NAIL EXPO」に出展するなど、積極的なプロモーション活動を実施した影響もあり、営業利益は同18.1%減の2億9百万円、経常利益は同24.3%減の2億5百万円、四半期純利益は同23.9%減の1億25百万円となった。

 セグメント別に見ると、物販事業は主力のオンライン経由の売上高は同約127%と順調に拡大。売上高が同15.7%増の46億98百万円、営業利益が同13.4%減の2億76百万円だった。

 店舗設計事業は売上高が同12.1%増の10億71百万円、営業利益が13.8%減の49百万円だった。デザイナーの増員や店舗設計WEBサイトのリニューアルなど、新規顧客開拓に注力したものの、大型受注案件が少なかった。その他周辺ソリューション事業は居抜き不動産仲介サービスなどが好調に推移して、売上高が同7.3%増の2億12百万円、営業利益が同116.6%増の31百万円だった。

 同社の業績面での傾向は、美容サロンの新規開業が春先に集中して需要が高まるため、第4四半期の構成比が高いという季節要因がある。今期通期の連結業績予想は期初予想を据え置き、売上高は前期比16.7%増の84億88百万円、営業利益は同24.3%増の4億67百万円、親会社に帰属する純利益は同21.2%増の3億1百万円と増収増益を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
貿易赤字で輸出比率高い銘柄避ける展開が強まりそうだ、短期売買も難しい相場=犬丸正寛の相場展望(2016/02/19)
JESCOHDは反落も連続最高純益・増配を見直し下値に値ごろ割安株買いが継続(2016/02/19)
【株式評論家の視点】マイネットはスマホゲーム運用の有力企業、今期は売上・利益とも2倍伸長(2016/02/19)
【アクセスランキングで読む株式投資】日間・週間・月間の人気記事は?(2016/02/22)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース