ジー・スリーHDがフリューの店舗運営受託など好感し急伸

2016年3月1日 10:23

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■今期再び黒字化の見込みで株価も変化率拡大の期待

 商品企画や市場調査などのジー・スリーホールディングス(ジー・スリーHD)<3647>(東2・売買単位100株)は1日、取引開始後に24%高の41円まで上げて東証2部銘柄の値上がり率1位に入り、2月15日以来の40円台回復となった。手掛かり材料としては、2月29日付で、プリントシール機の企画・開発・製造・販売事業を行っているフリュー<6238>(東1)が3月12日にSHIBUYA109(東京都渋谷区)7Fにオープンする専門店「collabo mignon(コラボミニョン)」の店舗運営に関わる業務全般を受託すると発表。こうした展開の拡大などに期待が広がっている。

 2016年1月5日付で旧コネクトホールディングスから商号変更。2016年8月期は再び完全黒字化の見込みのため、株価が2ケタである分だけ変化率も大きいとして注目する様子がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【狙い場・買い場】ウィルは今期連続最高益更新、阪神間で不動産売買を展開、利回り4.4%(2016/02/22)
【注目株】スターティアは全体が大きく反落する中で昨日の安値を割らず底堅い(2016/02/22)
【どう見るこの株】住友金属鉱山の行方(2016/02/18)
【チャート診断】清水建設は2012年から5.5倍上昇の調整中、「中間値」手前で下げ止まり出直り体制徐々に整う(2016/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング