メタウォーターはアンコールワット国際ハーフマラソン2015に協賛

2015年11月20日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

メタウォーター<9551>(東1)は19日、12月6日(日)にカンボジアで開催される「アンコールワット国際ハーフマラソン2015」のスポンサーとして協賛することを発表した。

メタウォーター<9551>(東1)は19日、12月6日(日)にカンボジアで開催される「アンコールワット国際ハーフマラソン2015」のスポンサーとして協賛することを発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■大会当日はフィニュッシュエリア付近にシャワーを設置

 メタウォーター<9551>(東1)は19日、12月6日(日)にカンボジアで開催される「アンコールワット国際ハーフマラソン2015」のスポンサーとして協賛することを発表した。

 アンコールワット国際ハーフマラソンは、カンボジアの世界遺産「アンコールワット」の遺跡内部で開催される国際レースで、第1回大会が1996年に開催され、今回で20回目となる。同大会はカンボジアの対人地雷被災者救済のためのチャリティマラソンであり、世界に向けて「非人道的な対人地雷の使用禁止」を訴え続けるために毎年開催されている。健常者だけではなく、地雷の被害者となったランナーも参加する勇気と希望がシンボルの大会で、昨年の前回大会は7800人以上もの参加があった。

 メタウォーターは2013年4月にカンボジアに駐在員事務所を開設。大会趣旨に賛同し、2013年よりスポンサーとして同大会を応援しており、協賛の一環として、大会当日はフィニュッシュエリア付近にシャワーを設置し、シャワー水は「セラミック膜ろ過装置」から供給するとしている。

 また、同社では、トラックに発電設備と浄水設備(セラミック膜ろ過システム)を搭載した可動式の浄水装置をラインアップしており、2014年6月、カンボジアケップ州に、車載式セラミック膜ろ過装置を納入した実績がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
「原油安メリット相場」発進では業績上方修正済みの3PL関連株がアナ株人気を高めて高値直行便期待も=浅妻昭治(2015/11/16)
日経平均はNYダウ離れの展開に、師走相場人気も加わり日経平均2万円へ=犬丸正寛の相場展望(2015/11/13)
【編集長の視点】三機サービスは急反落も株式分割の権利取りで割安直近IPO株買いが再燃も有力(2015/11/13)
【株式評論家の視点】久世は中期計画でROE8%目標、株価に割安感、押し目買い(2015/11/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告