北陸電力グループ、福井で出力8MWの風力発電所の建設を開始

2015年11月16日 20:13

小

中

大

印刷

三国風力発電所のイメージ図(北陸電力の発表資料より)

三国風力発電所のイメージ図(北陸電力の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 北陸電力グループの日本海発電は16日、福井県坂井市のテクノポート福井で「三国風力発電所」の工事を開始したと発表した。

 同発電所は、出力8,000kW(8MW)、発電電力量は約1,440万kWh/年で、一般家庭約4,000世帯の年間使用電力量に相当する。風車基礎工事開始は平2016年1月頃~、風車組立工事開始は2016年8月頃~、運転開始は2017年1月~の予定。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース