ボーソー油脂がコメ油に関するテレビ報道やツイッター投稿などで急伸

2015年10月21日 10:31

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 ボーソー油脂<2608>(東2・売買単位千株)が一時20.4%高の206円(35円高)まで急伸し、7月27日以来の200円台回復した。コメ油の最大手。昨20日夜のテレビ番組でコメ油と健康に関する事象が採リ上げられたことが材料視されているようだ。2015年3月にもコメ油に関するテレビ報道などを材料に急伸。この銘柄は急伸しても長続きしない傾向があるようだが、コメ油への認知が高まるにつれ、業績も徐々に拡大すると期待する様子はある。

 コメ油に関連するTwitter(ツイッター)に投稿されたコメントの中には、楽天<4755>(東1)の「楽天市場」ではコメ油が品薄になっているようだ、とか、アマゾンでは売り切れてしまい買えなかった、といった書き込みが出ている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】ブランジスタは公開価格水準から直近IPO株人気を再燃させて急反発(2015/09/29)
なお信頼性を欠く相場環境下では足元重視の投資セオリー通りに好決算発表期待銘柄に逆行高の素地=浅妻昭治(2015/09/28)
【編集長の視点】テラは業績減額を織り込み樹状細胞ワクチン療法の提携拡大をテコに反発(2015/09/28)
【株式評論家の視点】エリアリンクはストレージを国内シエア50%目指す、今期2ケタ増益(2015/09/28)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング