ディジタルメディアプロが業績増額と新開発LSI注目されストップ高

2015年10月13日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■新製品は遠くない将来に売上高の10%以上に相当する見込み

 ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>(東マ・売買単位100株)は9時20分過ぎに買い気配のままストップ高の2095円(400円高)に達し、値上がり率は24%となり8月24日以来の2000円台回復となった。前週末売買日の9日に次世代LSIの開発完了・製品化と業績予想の増額修正を発表。2016年3月期の純利益の見通しを従来の1.9億円の赤字から0.6億円の赤字としたことなどが好感されている。

 開発した次世代LSIの新製品は、「3Dグラフィックス技術」をベースに、高性能ビデオコーデックおよび内臓メモリ、各種外部インターフェイスの機能を1チップに統合したアミューズメント機器向け2D/3DグラフィックスLSIで、平成30年3月期までのいずれかの期において、本製品による売上高の増加見込額が、直近会計年度(平成27年3月期)の売上高の10%以上に相当する額以上となる見込みとしたため注目が集まっている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【狙い場・買い場フェイスの今3月期は大幅黒字転換、チャート好転(2015/09/14)
【相場の視点】チャイナショック第2ステージ(2015/09/29)
【特集】アベノミクス・少子化対策および子育て支援関連(2015/09/29)
【どう見るこの相場】日経平均のNYダウに対する強さは戻るか(2015/09/29)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース