イオンが中国・天津の爆発事故で緊急物資を届け駐車場など提供

2015年8月19日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■現状と対応を発表、市内3店舗のうち2店舗は平常通り営業

 イオン<8267>(東1)は18日の夕方、中国・天津市で発生した爆発事故における同社の現状と対応を発表し、現場から約2kmの場所に位置する「イオンモール天津TEDA」が被災したが、「幸い、営業時間終了後であったため、お客さまに被害はありませんでした」などとした。19日は1893.0円(3.0円高)で始まった。

 発表によると、天津市「濱海新区」で発生した爆発事故では、現場から約2kmの場所に位置する「イオンモール天津TEDA」が窓ガラスの破損やモール外壁の一部損傷、店内の一部区域における天井板の脱落等があり、現在被害状況のより詳しい調査を行っている。

 天津市内では、ほかに2店舗(「イオンモール天津中北」「イオンモール天津梅江」)を展開し、いずれも事故現場から数十キロ離れており、事故の影響を受けることなく通常通り営業している。

 事故発生の一報を受けた直後、緊急物資として飲料水や乾麺、スナックなどを届け、当局から許可を受けて一時帰宅した近隣住民の方々の乗用車の待機場所として同モールの平面駐車場の一部を提供している。被災した店舗の営業再開日等は決定次第、随時開示するとした。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【鈴木雅光の投信Now】退職金運用プランに騙されるな(2015/07/27)
セキドの関戸正美社長にインバウンド需要取り込みを聞く(2015/07/26)
3年先がイメージできれば投資は半ば成功する=犬丸正寛の相場格言(2015/07/25)
【作家・吉田龍司の歴史に学ぶビジネス術】徳川家康の三現主義(2015/07/24)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース