DNP、訪日外国人対応の3Dデジタルサイネージシステムの実証実験

2015年7月3日 16:04

小

中

大

印刷

施設案内向け3Dナビシステム(大日本印刷の発表資料より)

施設案内向け3Dナビシステム(大日本印刷の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 大日本印刷(DNP)は3日、パンフレットやスマートフォンコンテンツと連動して、駅などの複雑な施設内で現在地から目的地までのルートを3次元の表現で、案内する訪日外国人対応のデジタルサイネージシステムを開発したと発表した。

 今回、DNPとJR東日本が共同で開発したシステムを、JR東日本がJR東京駅構内に4台設置し、7月3日~8月31日に有用性検証のための実証実験を行う。専用のパンフレットに印刷された2次元コードを、デジタルサイネージのカメラに読み取らせると、画面に現在地から目的地までの案内ルートが3次元で表示される。

 パンフレットには駅構内の見どころや施設などが記載されており、それぞれに対応する2次元コードが印刷されている。パンフレットは日本語版と英語版の2種があり、デジタルサイネージもこの2言語に対応している。価格はシステム開発費として、500万円~(専用端末1台設置・案内先約10カ所の場合)を想定している。

関連記事

広告

財経アクセスランキング