欧州為替:ギリシャ債務協議への警戒感&欧米金融政策の乖離で、ユーロ・ドル続落

2015年6月23日 20:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:08JST 欧州為替:ギリシャ債務協議への警戒感&欧米金融政策の乖離で、ユーロ・ドル続落
ドル・円は、ギリシャ債務協議への警戒感とドル売りオーダー(123.80-00円)で、123円60-70銭で上げ渋る展開。

ユーロ・ドルは、ギリシャ債務協議への警戒感や欧米金融政策の乖離から、1.1216ドルまで軟調推移。
ユーロ・円も、138円75銭まで連れ安推移。


【金融政策】
・トルコ中央銀行:政策金利(指標レポレート7.50%)の据え置きを決定

【要人発言】
・格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)
「ギリシャ合意は遅すぎる可能性」《MY》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース