ルネサス、滋賀工場8インチラインをロームに譲渡―生産拠点の再編で

2015年4月30日 17:42

小

中

大

印刷

 ルネサスエレクトロニクスと同社の100%子会社であるルネサス セミコンダクタマニュファクチュアリング(RSMC)は30日、RSMCの滋賀工場における半導体前工程8インチウエハ生産ラインの半導体製造設備をロームに譲渡するとともに、同製造ラインに係わる土地、建屋を賃貸することを決定したと発表した。

 ルネサスは、収益悪化を食い止めるためグループの国内にある生産拠点の再編を進めている。その中で、RSMCの滋賀工場8インチラインについては、2~3年以内に集約する予定とし、集約後の生産ラインについて譲渡先を探していたが、パワー半導体と圧電MEMSなどの生産体制強化を進めているロームへ、2016年2月を目処に譲渡することになった。

 今回対象となる滋賀工場と8インチラインは0.15μm、8インチウエハプロセスの製造設備を備えており、マイコンやアナログ&パワー製品を製造していた。

関連キーワードロームルネサスエレクトロニクス

関連記事

広告