アジア市場活動レポート 2011年7月14日: Aura Energy (ASX:AEE) はモーリタニアにおける初回ウラン資源量 5,000 万ポンドを発表

2011年7月14日 14:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ABN Newswire

ABN Newswire

ABN Newswire[写真拡大]

写真の拡大

 主要なアジア市場は様々な傾向で取引を開始した。 S&P/ASX 200 は値を下げての開場となり、取引前半において 0.40% 下落の 4,496.6 となった。日経 225 は 0.38% 下落し 9,925.23 、ハンセン指数は 0.32% 下落し 21,856.32 であった。上海総合のみが値を上げて取引を開始、 0.39% 上昇の 2,806.50 となった。

 企業ニュース

 Aura Energy Limited (ASX:AEE) は今日、モーリタニア Reguibatプロジェクトでの同社初回 JORC 推定ウラン資源量が 330ppm U3O8 での 5,020 万ポンドと推定されていると語った。この資源量のうち 4,890 万ポンドは、 Aura が 100% 保有する許可地に含まれている。同資源地内では連続的な高グレード地帯が特定され、初回資源量への大幅な増加に対する潜在性が示されている。

 Carnarvon Petroleum Limited (ASX:CVN) は、タイ内陸の同社石油探査プログラムに関する稼動更新情報を提供する。 WBEXT-1F 探査鉱泉において新たな砂岩蓄積層 2 ヶ所が発見され、 WBEXT-2BST1 鉱泉は現在 1 日当たり石油約 1,100 バレルの全体スピードで生産を行っている。タイでの生産は現在 1 日当たり 3,365 バレルとなっており、うち 1 日当たり 1,346 バレルが Carnarvon への正味分となる。 POE-6A 開発鉱泉からは、近い時期の生産追加が予測されている。

 Universal Coal plc (ASX:UNV) は、 Berenice-Cygnus コークス用炭プロジェクトにおける JORC 規格石炭資源量を 12 億トンへと上方修正した。これは第 1 段階掘削プログラムの完了に続くものである。この資源量上方修正により、 Universal Coal は南アフリカで事業を行う上級石炭探査企業の一社と位置付けられる。 Universal Coal の JORC 規格総資源量は、同社のコークス用炭および熱石炭資産全体で現在 18 億トン超となっている。

 Automotive Technology Group (ASX:ATJ) は、北米および南米における OEM の独占販売代理企業として Kenmar Corporation を指名した。米国自動車製造業界へ Sprintex(R) 技術を導入・推進する販売戦略を策定すべく、同 2 社は共同で作業を進める予定である。 Sprintex(R) スーパーチャージャーの主なセールスポイントは、アメリカ自動車業界において需要の高い燃料節約技術をもつ相乗効果である。

Tetsuya Okada
Asia Business News Japan Bureau
Tel: +61-2-9247-4344

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース