常和HDは3Q決算発表を先取りし小型超割安株買いで3連騰

2011年1月26日 19:42

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

★今3月期業績は、2期ぶりに過去最高を大幅に更新

  常和ホールディングス <3258> は26日、13円高の1384円まで上げて3日続伸し、今年1月21日につけた昨年来高値1395円に肉薄している。終値は5円高の1376円。

  主力株がやや高値波乱となっていることから小型株シフトが強まり、同社の「ストック型ビジネスモデル」、高収益率を再評価、2月3日予定の今3月期第3四半期決算発表を先取りし超割安株買いが続いている。

  同社は、賃貸不動産事業とホテル事業に特化した不動産会社で、賃貸オフィスビルは、首都圏で84%、政令指定都市で98%を占めるなど好立地を誇り、テナントも金融機関で35%、上場企業で49%を占めるなど安定し、売上高営業利益率は30%強をキープするなど高収益体質となっている。

  今3月期業績は、オフィス賃貸料の低下などでオフィスビル事業は減収・営業減益となるが、ホテル事業は、取得した「ホテルユニゾン渋谷」の開業などで増収・営業転換する。このため営業利益、経常利益は前期比減益を予想しているが、純利益は、資産入れ替え、ポートフォリオの質維持へ向け資産を売却、22億5000万円の特別利益を計上するため、26億円(前期比97%増)とV字回復し、2期ぶりに過去最高を大幅に更新する。

  株価は、2009年6月に公開価格1720円で新規上場され、1760円で初値をつけ1830円まで買い進まれたが、同年11月に999円まで突っ込み、急落幅の3分の1戻しをクリアしてきた。PERは5倍台、0.8倍と超割安で、2009年8月につけた戻り高値1650円を目指すリバウンド幅の拡大が想定される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
コーヒー豆の値上げムードでスターバックス コーヒー ジャパン軟調(2011/01/26)
【注目銘柄】エムスリーは3Q好決算に期末配当の増配が加わり3連騰(2011/01/26)
株はもとの古巣に帰る=犬丸正寛の相場格言(2010/12/08)
押し目買いに押し目なし=犬丸正寛の相場格言(2010/12/03)
ケイ線は値幅見ず日柄を見よ=犬丸正寛の相場格言(2010/11/25)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース