マーシャルサウンドを忠実に再現するモデリングアンプ「CODEシリーズ」の100W出力モデルを発売

プレスリリース発表元企業:株式会社ヤマハミュージックジャパン
CODE100

CODE100H(上)、CODE412(下)

株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林和徳)は、イギリスのギターアンプ・ブランド「マーシャル」のモデリングアンプ「CODE(コード)シリーズ」の新製品を11月下旬に発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143719/img_143719_1.png

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/143719/img_143719_2.png

<価格と発売日>
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143719/table_143719_1.jpg


<製品の概要と主な特長>
「CODEシリーズ」は、2016年にマーシャル社として初めて発売したモデリングアンプです。モデリング技術「MARSHALL SOFTUBE TECHNOLOGY*(以下、MST)」により、さまざまなプリアンプ、パワーアンプ、スピーカーキャビネットを忠実にモデリングし、伝統的なマーシャルサウンドから最新のトーンまで、歴代のマーシャルアンプのサウンドを高い次元で再現します。14種類のMSTプリアンプ、4種類のMSTパワーアンプ、8種類のMSTスピーカーキャビネットのモデリングに加え、タップテンポ対応のディレイや、スタジオ品質のリバーブなど、24種類のプロ仕様の高品質エフェクトを完備しています。
このたび大出力モデルのコンボアンプ 「CODE100」、アンプヘッド 「CODE100H」とスピーカーキャビネット 「CODE412」を発売します。出力は100Wで、自宅での使用に留まらず、ライブステージなどでの本格的な使用にも対応します。

■CODE100:12”スピーカーを2基搭載し、迫力のあるサウンドを実現するコンボアンプ
■CODE100H:より自由度の高いコンパクトサイズのアンプヘッド
■CODE412:「CODE100H」の機能を最大限に活用できるスピーカーキャビネット

*オーディオソフトウェアのパイオニアであるSOFTUBE社(スウェーデン)とのコラボレーションにより開発された独自のモデリング技術。

<主な仕様>
表2: https://www.atpress.ne.jp/releases/143719/table_143719_2.jpg


▼製品情報ページ
http://www.marshallamps.jp/products/amplifiers/code/


【この件に関する一般の方のお問い合わせ】
株式会社ヤマハミュージックジャパン
お客様コミュニケーションセンター ギター・ドラムご相談窓口
TEL:0570-056-808
受付時間:月曜~金曜 10:00~17:00(祝日および弊社休日を除く)


▼プレスリリースファイル
https://www.atpress.ne.jp/releases/143719/att_143719_1.pdf




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース