国語力の基礎を築く絵本の読み聞かせ、本の読み方セミナーを開催します!

プレスリリース発表元企業:特定非営利活動法人イマジン


より効果的な指導法を提供するためマミーとゴッチによる子育て支援プロジェクト主催で、「国語力の基礎を築く絵本の読み聞かせ、本の読み方」セミナーを11月17日(金)10時よりサイエントロジー東京8階大会議室にて開催します。特定非営利活動法人イマジンは、未来の子どもたちを守るこのイベントを応援します。

近年発達障害という言葉を耳にすることが増え、就学前からADHD(注意欠陥多動性障害)などと診断を受ける児童数も上昇し不安を抱える親も増えています。

このような中、より効果的な指導法を提供するためマミーとゴッチによる子育て支援プロジェクト主催で、「国語力の基礎を築く絵本の読み聞かせ、本の読み方」セミナーを11月17日(金)10時よりサイエントロジー東京8階大会議室にて開催します。特定非営利活動法人イマジンは、未来の子どもたちを守るこのイベントを応援します。

今の教育現場においては、コントロールのきかない児童を「学習障害」や「学習困難」とレッテル貼りをすることによって、それを教育の問題とせず医療の問題として排除し、安易につなぐことによって解決をしようとする事例が報告されています。

しかしながら、これらの根本にあるのは、どのようにすれば生徒の真の興味を引き出し、勉強に対する意欲的な姿勢を取り戻すことができるのかが最大の課題とも言えます。このセミナーでは、勉強にとって必須ともいえる、言語の読み書き能力についていかにそれを向上することができるかを説明します。子どもが小さい頃から絵本の読み聞かせ方を適切に行うことにより、子どもの国語離れや不登校を未然に防ぐことができます。

対象は、受験を控える親子、国語力の基礎を学ぶ絵本世代の親子、発達障害などとレッテルを貼られ解決策を探している親子、学習塾や学校の先生方です。

講座を受けられた方の感想文:

1.本の読み方に出会い、着実に理解を深めていきました。4カ月程で29点ほどに上がり、その時のテストは前回比で主要五科目だけで55点ほど上がりました。

2.正確な知識と技術に出会えたお陰で、学校の校長やカウンセラーから特別支援学級に転級するよう勧められ続けていたのですが、(また精神科も勧められましたが)、成績が上がったら何も言われなくなり通常学級のまま勉強出来ています。

3.あまり苦労することなく、4か月この技術を使ったら世間でいう一流大学にいくつか受かりました。(今この技術で塾をやっていますが)その自分の経験が大きかったと思います!

【イベント案内】

日時:11月17日(金)朝10時~12時

参加費:1,500円(「勉強の技術」小冊子代620円込)

※すでに小冊子をお持ちの際は、資料代差し引いた差額をお支払いください。


※この日の講師は子育て女性経営者のマミーが担当します


◯使用教材:L.ロンハバード著「勉強の技術」小冊子


申し込みホームページ:
http://bit.ly/2jFKa0M

場所: サイエントロジー東京8Fイベントホール
東京都新宿区百人町1−25−1

アクセス: JR大久保駅徒歩3分、JR新大久保駅徒歩6分、JR新宿駅徒歩12分、西武新宿線徒歩5分



お申込み&問い合わせ:
TEL:  03-4578-7550  FAX: 03-3369-2262
担当:一ノ瀬

Eメール:
mummgocchi@gmail.com




提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース