NTTドコモ・富士通・富士通研究所、Mobile Edge Computingを活用したサービス提供の実証実験に成功

プレスリリース発表元企業:Fujitsu Ltd

TOKYO, Oct 12, 2017 - ( JCN Newswire ) - 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と、富士通株式会社(以下、富士通)、株式会社富士通研究所(以下、富士通研究所)は、第5世代移動通信方式(5G)の時代に活躍が期待される技術であるMobile Edge Computing(以下、MEC)を活用したシステムをLTE商用網に接続しサービス提供を行う実証実験を、栃木県真岡市にて2017年9月7日(木曜日)、9月8日(金曜日)の2日間で実施し成功いたしました。

MECとは、移動通信網において、お客様により近い位置にサーバやストレージを配備する仕組みです。

このサーバやストレージでデータ処理を行うことでネットワークの遅延低減や負荷分散が見込まれ、スタジアムやコンサートホールでの動画配信や防犯カメラを使ったセキュリティサービス等への活用が期待されています。

本実証実験では、ドコモのLTE基地局に富士通と富士通研究所が開発したMECシステムを接続した状態で、サービス提供を見据えた3つの実験を行いました。

1. 高画質動画配信に関する実験
MECシステムに格納した高画質動画を、LTE基地局を通じて20台のスマートフォンに同時配信する実験を行いました。MECシステムはコアネットワーク回線に負担をかけないため、ネットワークの帯域不足による遅延が低減され、多くのお客様に安定した動画配信が可能になります。

2. LTEとWi-Fiの接続先制御に関する実験
LTE基地局に加えてWi-FiアクセスポイントをMECシステムに接続し、高画質動画を配信する実験を行いました。富士通研究所が開発した制御技術を搭載することで、無線の混雑状況を把握しつつより安定した通信となるよう、MECシステムがLTEとWi-Fiの接続先を最短0.01秒の遅延で適切に切り替えながら動画配信できることを確認しました。これにより、スタジアム等の多くの人が集まる場所においても、高画質動画配信などのサービスをストレスなく同時に利用可能になります。

3. 映像解析を活用した人物検知に関する実験
ネットワークカメラで撮影した映像をMECシステムにて解析する実験を行いました。富士通の技術を用いた都市の状況をリアルタイムに把握するソフトウェア※を活用することで、特定の人物を短時間で検知することに成功しました。MECシステムを活用することで、コアネットワーク回線に負担をかけることなく、映像解析サービスの提供が可能となります。
※富士通のソフトウェア「FUJITSU Technical Computing Solution GREENAGES Citywide Surveillance」を活用しています。

今後、ドコモと富士通、富士通研究所は第5世代移動通信方式(5G)の時代に活躍が期待される技術であるMECを活用することで、さらに幅広いパートナー企業との連携を促進し、これまでにない新しい体験の実現や利便性の向上をめざし、大容量動画配信サービス、セキュリティサービスなどMECにより提供できるサービスの拡大に取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/10/12-1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース