三菱商事: Gas4Sea、Statoilとの船舶用LNG燃料供給に基本合意

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Corporation

TOKYO, Oct 10, 2017 - ( JCN Newswire ) - Gas4seaパートナー ― 三菱商事株式会社(以下、当社)、仏ENGIE SA、日本郵船株式会社 ― は、ノルウェー最大の多国籍石油ガスメジャーであるStatoil社(スタットオイル)との船舶用LNG燃料供給を基本合意しました。2020年から複数年に亘り、オランダのロッテルダム港において供給します。

スタットオイルは、現在LNGと重油を船舶燃料として併用する原油タンカーを4隻建造し、2020年前半に就航することを予定しています。Gas4Seaは、2017年初に操業開始したLNG燃料供給船”ENGIE ZEEBRUGGE“(以下、ENGIE ZEEBRUGGE)を活用し、スタットオイルが北ヨーロッパ域で操業する同4隻にLNG燃料を供給します。ENGIE ZEEBRUGGEは、現在、ベルギーのジーブルージュ港で活動し、Ship-to-ship方式でLNG燃料供給サービスを提供しております。LNGタンク容量は供給船では最大規模の5,100m3を誇り、ジーブルージュ港のみならず、広く域内の港に於いて様々な船舶に供給対応することが可能です。

Gas4seaは、従来の石油系船舶用燃料に代わり、環境負荷が少なく、安全且つ経済性にも優れた燃料であるLNGの船舶用燃料としての活用を促進するため、2016年に当社、ENGIE、日本郵船が共同で立ち上げた商業ブランドです。船舶の環境規制が強化されることに伴い当社は、大気汚染物質の排出が少ないLNGを船舶用LNG燃料として全世界に供給展開していくことで、経済価値・環境価値・社会価値の同時実現を目指して参ります。

【ENGIE社の概要】
(1)本店所在地:フランス・パリ
(2)事業内容:電気・ガス事業、ガストレーディング、ガス輸送、発電事業等を展開。LNG引取り実績も豊富
(3)代表者:CEO Isabelle Kocher
(4)設立:2008年7月22日
(5)従業員数:約15.5万人(2015年12月末時点)
(6)http://www.engie.com/en/

【日本郵船株式会社の概要】
(1)本店所在地:東京都千代田区丸の内二丁目3番2号
(2)事業内容:国際的な海上運送業を主とした総合物流事業および客船事業、ターミナル関連事業、海運周辺事業、不動産業、その他の事業など
(3)代表者:代表取締役 内藤 忠顕
(4)設立:1885年9月29日
(5)従業員数:35,935名(2017年3月末時点)
(6)http://www.nyk.com/

【三菱商事株式会社の概要】
(1)本店所在地:東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
(2)事業内容:地球環境・インフラ事業、新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の7グループ体制にて、幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開
(3)代表者:代表取締役社長 垣内威彦
(4)創立:1954年7月1日
(5)従業員数:77,164名(連結ベース、2017年3月末時点)
(6)http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2017/html/0000033418.html

概要:三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース