レンタルサーバー『エックスサーバー』、「nginx」&「HTTP/2」に対応

プレスリリース発表元企業:エックスサーバー株式会社

エックスサーバー株式会社(所在地:大阪市北区、代表取締役:小林 尚希)は2017年9月14日、運営するレンタルサーバー『エックスサーバー』において、高速Webサーバー「nginx(エンジンエックス)」を導入しました。あわせて、Webサイトの表示速度が向上する「HTTP/2」に対応しました。

レンタルサーバー『エックスサーバー』:https://www.xserver.ne.jp


「nginx」とは、世界トップ100万Webサイトにおいて最も利用されているWebサーバーです(※1)。大量の同時アクセスへの処理に最適化されており、「nginx」が未導入の環境に比べ処理速度が速く、突発的にアクセスが集中した場合でも安定したWebサイトの運営が可能です。

※1 W3Techs(Q-Success)調べ

「HTTP/2」とは、SSL化したWebサイトの表示速度が大幅に向上する新しい通信規格です。エックスサーバーでは運営中のWebサイトを簡単にSSL化できる「無料独自SSL」機能を提供しており、同機能でSSL化されたWebサイトであれば特別な作業を行うことなく、自動的にHTTP/2による通信が行われます。


Webサイトの表示速度は訪問者の離脱率に直結する重要な指標であると言われています。エックスサーバーでは「nginx」および「HTTP/2」をすべてのサーバープランで提供し、Webサイトの高速化を強力に支援します。


■会社概要
名称 : エックスサーバー株式会社
本社所在地: 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 13F
代表者 : 代表取締役 小林 尚希
設立 : 2004年1月23日
資本金 : 9,900万円
事業内容 : ホスティングサービス事業
Webサイトの企画・制作作業
Webアプリケーションシステムの開発事業
その他、インターネット関連サービス事業
URL : https://www.xserver.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース