新しい研究は無線技術による健康リスクを示す-バイオイニシアチブ・ワーキング・グループからの警告

プレスリリース発表元企業:BioInitiative Working Group

新しい研究は無線技術による健康リスクを示す-バイオイニシアチブ・ワーキング・グループからの警告

(米ニューヨーク州レンセラー)- (ビジネスワイヤ) -- バイオイニシアチブ・ワーキング・グループは無線技術による健康リスクの証拠はますます強まっているため、緊急の対応が必要であることを主張します。当グループは2012年から2014年の新しい科学研究を調査した中間アップデートを発表しました。

新しい研究は、携帯電話の使用による悪性脳腫瘍発症に対する医学上の懸念を強めるものです。2012年から2013年までに発表された研究に基づき、オレブロ大学(スウェーデン)のLennart Hardell博士(MD)は、次のように述べています。「携帯電話やコードレス電話の使用によってグリオーマ(悪性脳腫瘍)と聴神経腫瘍のリスクが増大するパターンが一貫して見られます。疫学的証拠は、高周波を人体に対する既知の発がん因子に指定すべきであることを示しています。既存のFCC/IEEEやICNIRPの公衆安全限度は、公衆の健康を守るには不十分です。」

バイオイニシアチブは、高周波照射に関する2014年の研究の68%(211件中144件)で示された神経系への影響を報告しています。この割合は2012年の63%(150件中93件)より増加しています。極低周波照射の研究では、2014年に確認可能な研究105件のうち90%で神経系に影響をもたらすと報告されています。遺伝子への影響(DNAの損傷)は、高周波照射の研究の65%(114件中74件)、極低周波の研究の83%(59件中49件)で報告されています。

携帯電話やタブレットなどの携帯型無線装置は、心身にとって不要な生物学的ストレスの大きな発生源で、こうしたストレスは徐々に回復力を削ぎ取るものです。報告書では学校で無線を使用しないよう警告しています。学校はWi-FIを使用せずにインターネットアクセスを提供すべきです。

バイオイニシアチブの報告書で共同編集者を務めたCindy Sageは、次のように述べています。「学校での無線使用は本質的に、子供の健康と学習に関する実験を規制なしで行うものです。無線技術がもたらすマイクロ波は、思考を混乱させます。学習にとってこれ以上に悪いものはありません。このように生物学的に混乱をもたらすレベルのマイクロ波照射を伴わない有線装置を使用すれば、技術をより安全に利用できます。」

ConnectEDやE-Rateなどの連邦政府プログラムは、健康に関する証拠を無視して教室における無線使用を唱えています。多動性、集中力の問題、不安、過敏性、見当識、注意散漫な行動、睡眠障害、頭痛が臨床研究で報告されています。

無線照射の健康影響に関する欧州連合とオーストリアの研究について、政府による検討はまだ結論に達していません。その大きな理由は、政府が確実性が得られるまで警告を発しないことです。無線技術の健康への影響に関するFCCの検討は続行中ですが、教室における無線使用を推し進める連邦政府の動きに影響を与えていません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





連絡先
BioInitiative Working Group
David O. Carpenter, MD
(518) 525-2660
dcarpenter@albany.edu
info@bioinitiative.org
www.bioinitiative.org

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース