記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

イノベーションは高進ちょく率など注目され下値固まる動き

2017-02-17 10:34:26

■上場2カ月、まだ「会社四季報」などに載らないため地味だが大幅増益の見込み

 BtoB(企業間)マーケティング支援などのイノベーション<3970>(東マ)は17日、10時を過ぎて5800円(170円安)前後で推移し、1月の5340円を安値に下値を固める展開となっている。

 2016年12月に上場し、まだ「会社四季報」「会社情報」に採り上げられていないため地味な銘柄だが、「法人営業の新しいスタイルを創造する」事業に集中し、「オンラインメディア事業」「セールスクラウド事業」を主事業に成長している。

 第3四半期決算(2016年4~12月、非連結)は売上高が9億700万円となり、上場時に発表した今3月期の予想11億6400万円の78%を確保した。営業利益は1億1500万円となり同じく82%を確保し、経常利益は1億3900万円となり同じく87%を確保するなど、進ちょく率の高さが注目されている。今3月期の予想純利益は前期の1300万円から10倍近く急増して1.21億円、1株利益は163円30銭を計画している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2017 All rights reserved.