東京コスモス電機<6772>のフィスコ二期業績予想

2018年1月13日 17:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:42JST 東京コスモス電機<6772>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年1月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東京コスモス電機<6772>

3ヶ月後
予想株価
340円

産業用可変抵抗器が主力。車載用電装部品にも力注ぐ。会津新工場が17年6月に全面稼働。白河新工場も18年1月に稼働し、車載用が拡大へ。中計では20.3期に営業益5億円を目指す。18.3期2Qは大幅営業増益。

可変抵抗器は設備投資が堅調な国内がしっかり。車載用電装部品はフィルムヒータなどの新製品が貢献。新工場稼働も効く。だが18.3期は償却費負担が重い。助成金特益剥落。株価は業績拡大期待から徐々に上向くと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/9,700/400/260/160/10.21/3.00
19.3連/F予/9,900/450/450/270/17.23/4.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/01/02
執筆者:JK《DM》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース