東京為替:ドル・円はもみあい、米CPIの内容次第で111円割れも

2018年1月12日 14:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:44JST 東京為替:ドル・円はもみあい、米CPIの内容次第で111円割れも
12日午後の東京市場でドル・円は111円20銭付近でもみあう展開。今晩発表の米12月消費者物価指数(CPI)は前回下振れが予想され、インフレの伸び悩みが鮮明となればドルは111円を短期的に割り込む可能性が指摘される。ただ、目先も111円付近では機関投資家などの買戻しが観測され、下値は堅いとみられる。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円06銭から111円34銭、ユーロ・円は133円82銭から134円14銭、ユーロ・ドルは1.2032ドルから1.2067ドルで推移した。《MK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース