日経平均は買い先行、決算評価の流れからファーストリテが指数をけん引

2018年1月12日 09:53

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23719.66;+9.23TOPIX;1886.48;-1.61


[寄り付き概況]


 日経平均は買い先行で始まった後は、下げに転じている。11日の米国市場では、税制改革による企業業績への好影響が未だに十分株価に織り込まれていないとの見方から終日堅調推移となった。主要指数は揃って最高値を更新し、シカゴ日経225先物は大阪比135円高の23785円となる中、これにサヤ寄せする格好から、買い先行で始まった。

 ファーストリテ<9983>が昨夕発表した決算評価の流れから指数を下支えする一方で、ユニファミマ<8028>、ソフトバンクG<9984>、オリンパス<7733>が重しに。セクターではその他製品、その他金融、ゴム製品、証券、機械がしっかり。一方で鉱業、食料品、精密、水産農林がさえない。《SK》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース