コロプラは任天堂による提訴報道を受け8ヵ月ぶりに4ケタ割る

2018年1月11日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「白猫プロジェクト」稼ぎ頭のため業績への影響は大との見方が

 コロプラ<3668>(東1)は11日、売り気配のあと22%安の955円(270円安)で始まり、2017年4月以来の4ケタ(1000円台)割れとなった。任天堂<7974>(東1)がコロプラの主力スマートフォンゲーム「白猫プロジェクト」について特許権侵害で東京地裁に同社を提訴したと10日伝えられ、看板商品とあって推移が注視されている。ただ、任天堂も9時30分を回って4万4050円(180円安)とさえない。

 「任天堂はコロプラの主力のスマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の差し止めと44億円の損害賠償、遅延損害金を求めている」「提訴は2017年12月22日付。任天堂によると、タッチパネル上で操作する際に使用する特許技術など5件が対象だという」「白猫はコロプラの稼ぎ頭。差し止めになった場合、業績への影響が大きい」(1月11日付日本経済新聞朝刊)などと伝えられた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【2018年の注目テーマを探る】AIやIoTなどの先端技術が主役(2018/01/03)
【新春注目銘柄】ヒビノは隠れたeスポーツ関連株は大型映像システム開拓で底値買いも一考余地(2018/01/03)
【新春相場を占う】2018年の株式市場展望とリスク要因を探る(2018/01/02)
【新春注目銘柄】鳥居薬品は初のスギ花粉症舌下錠の国内製造販売承認取得を見直してシーズン・ストック株人気再燃(2018/01/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース